欲求の相性

長期的に見れば欲求の相性が良くない夫婦でも、知り合ったばかりのころには、お互いに引きつけられていたのは事実です。昔から「反対のものは引き合う」と言いますが、それらの欲求のぶつかり合いは、「のほせ愛」にとっては良く、性欲を満たすためには最高でしょうからね。しかし結婚にとっては悲劇である場合が多いのです。あなたが選ぶことができるのは、自分の行動だけであり、あなたの行動はすべて欲求を満たすためにあなた自身が選んだものなのです。人から無理やり何かをさせられるということはなく、自らの行為はすべて、最終的には自分がやると決めたこと。「相手が変わることが正しい」という考えを、「自分がどうすることが最善か」という考えに置き換えることが重要です。そして、ふたりの欲求のバランスを比べてみましょう。相手の欲求を満たすためにあなたができることはいったいどのようなことでしょうか。このように考える事は今でこそ難しいと思ってしまうわけですが、よく思い起こしてみると、出会ってすぐの付き合いたてホヤホヤの頃などは常に、意識的にも無意識的にも相手の欲求を満たしてあげていたと思うんですよね。この出会いは運命だと感じた人も多いと思います。その直感はやはり大切にすべきでしょうし、一度でも運命の出会いと感じた相手との関係性を大切にすべきでしょう。
大人の出会い探し